児童生徒の皆さんへ新型コロナウイルスに関連したいじめの防止について詳細を見る

自己有用感

2022年10月31日

深めよう 絆 にいがた県民会議 事務局

「いじめ見逃しゼロ キャラバン」は、10月8日(土)に、デンカビッグスワンスタジアムにおいて、サッカー観戦(J2 アルビレックス新潟戦対ベガルタ仙台 戦)に訪れた方に「県民サポーター募集のカード」と「相談ダイヤルカード」の入ったティッシュを配布するPR活動を行いました。

アルビレックス新潟はその試合に勝利し、J1昇格を決め、その後、J2優勝を果たしました。

アルビレックス新潟の強さのひとつに、「誰が出ても」チーム力が変わらないことがあげられています。ベンチ入りメンバーは固定されず、毎試合スターティングメンバーも異なっていました。選手としては、いつ試合に出るチャンスが与えられるかわからず、アピールを続ける必要があり、常にトレーニングに努めていたとのことです。

松橋力蔵監督は、選手たちに「全員が戦力だ」と伝えていました。また、試合の前には、メンバー外の選手の練習映像を欠かさずチェックしていたとのことです。

さて、ここで考えたいのは、選手たちの気持ちです。選手は、「監督から常に観てもらえている」「試合に出ていなくても、いつかは監督からチャンスを与えてもらえる」という気持ちになり、前向きに練習に励むことができたはずです。

松橋監督と同じことはできないかもしれませんが、時には、周りの人が取り組んでいることに注目して観ることで、その人のやる気が増すかもしれません。また、時には、周りの人が取り組んでいることを認め、「ありがとう」「助かるよ」「すごいね」などの言葉をかけることで、その人は、自分がだれかの役に立っている、貢献しているという気持ちになるかもしれません。
そんな言動をすることで、お互いに「自己有用感」を高めたいものですね!

このコラムを最後まで読んでいただきありがとうございました。