今年度の活動

いじめ見逃しゼロ県民運動

県民で手を取り合って「いじめ見逃しゼロ」へ!!

いじめの未然防止や解消のためには、児童生徒、教職員、保護者、地域の人々が力を合わせて、明るい学校づくりに取り組んでいくことが大切です。県民運動を通して、学校、家庭、地域の協力の輪を広げ、県民みんなで子どもたちを見守り、いじめを見逃さないようにしましょう。

県民への広報・啓発活動

「いじめ見逃しゼロ」の意識を一層高めていくため、年度はじめの電車の中吊り広告掲載、ラッピングバスの走行、横断幕、のぼり旗の掲出、県の広報テレビ番組でのPR、ラジオスポットメッセージ等による広報・啓発活動を行っています。

写真
電車中吊りポスターの掲出
写真
ラッピングバスの走行

深めよう 絆 県民の集い

学校・家庭・地域が連携して、いじめ問題について考えたり、子どもの社会性を育んだりして、いじめ等の解消や未然防止を図るために、「深めよう 絆 県民の集い」を開催しました。今年度は、地域の特色を生かし、県民運動の地域的な広がりを目指すために、上越・中越・下越地区で開催しました。

深めよう 絆 県民の集い

リーフレット「スマートフォン等使用・推奨ルール」の作成・配付

リーフレット表紙

リーフレット「スマートフォン等使用・推奨ルール」を、県内PTA連合会と連携して作成しました。推奨ルールを実効性のあるものとするため、有識者等によるワーキンググループを立ち上げて検討を重ね、平成27年12月に、学校をとおして県内全児童生徒の保護者に配付しました。
小中学生の保護者向けリーフレットは、中面が契約書のようになっています。また、高校生の保護者向けにはスマートフォン等のメリット・デメリット等の内容を記載しています。 ご家庭や学校、PTA研修会等で積極的に活用していただくことを期待しています。

児童生徒・保護者の方向け資料ページからダウンロードできます。

3つの推奨ルール

  • 一緒に使い方の話合いをしてから、スマートフォン等を使わせます。
  • 自分も他の人も傷つけない使い方をさせます。
  • スマートフォン等の使用は、原則小学生は夜8時、中学生は夜9時、高校生は夜10時とさせます。

いじめや自殺防止に向けたリーフレットの作成・配布

いじめや自殺が発生している現状を踏まえ、いじめ防止や自殺防止に関する情報、いじめ等に関する相談窓口を記載したリーフレットを作成し、県内すべての小学1年生から高校3年生に配布しました。

児童生徒・保護者の方向け資料ページからダウンロードできます。

映像メッセージコンテストの開催

「いじめを見逃さない・許さない」という意識を高めるため、「いじめ見逃しゼロ」映像メッセージコンテストを開催しました。
審査の結果、小学校の部は三条市立森町小学校、中学校の部は妙高市立新井中学校、特別支援学校の部は県立高田特別支援学校、高等学校の部は県立佐渡総合高等学校佐藤夏奈さんの作品が選ばれました。
応募していただいたどの作品も、真剣に「いじめ防止」について考えている様子がうかがえました。

平成29年度メッセージコンテストの表彰については下記のPDFをご覧ください。
「いじめ見逃しゼロ」映像メッセージコンテストの表彰を行いました

最優秀作品は「映像メッセージコンテスト優秀作品」ページからご覧いただけます。

学校訪問キャラバン

「いじめ見逃しゼロ県民運動」の個人サポーター等が県内8つの中学校・高等学校を訪問し、児童生徒に対して、悩んだときの相談窓口やいじめの対処の仕方、いじめ防止のメッセージ等を呼び掛けました。

県民講座

いじめ問題や家庭教育等に関するテーマで、講演会などを行っています。