児童生徒の皆さんへ新型コロナウイルスに関連したいじめの防止について詳細を見る

自分を認める、人と分かち合う

2022年4月28日

深めよう 絆 にいがた県民会議 事務局

児童生徒のみなさん、令和4年度が始まり、新しい環境で1か月が経ちました。
それだけで、「よくやった」って自分を認めてあげていいんじゃないかな。

新しい学校、新しいクラス、新しい先生、これまでとは違うから、
新しい環境に合わせようと、気をつかうことも多かったはず。

はじめての相手や場面に慣れることは、すごく大変なこと。
それを乗り切ったのだから、自分を認めていいと思うよ。

「あれができなかった」とか、「これができていない」と考えることもあったかな。
他の人とくらべたりして、できないことばかりに目を向けてしまうと、
なんだか息苦しい感じもするかもしれない。

でも、そう考えているとしたら、それは、あなたが「もっとよくなりたい」という気持ちを持っているからであって、それは、とても素敵なこと。
やっぱり、自分を認めていいんじゃないかな。

これまでのことを振り返って、つらい思いを抱いていたり、ゴールデンウィーク後のことを考えて、「また、大変だな」って思ったりすることもあるかもしれない。
もしそうなら、近くにいる信頼できる人に、その気持ちを打ち明けてみてはどうだろう。
話しを聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になることもあるよね。
近くにいる人に話しにくいなら、いろいろな相談窓口を利用することもできるよ。(相談窓口はこちら
だれかに知ってもらうことで、気持ちが楽になることもあるから。

もし、あなたが、近くにいる人から、悩みやつらいことを相談されたら・・・?
いいアドバイスをしようとするより、とにかく、よくきいてあげてください。何も言わなくても、いっしょにいてあげてください。

 嬉しいことを人と分かち合うと、その嬉しさは2倍になる。
 悲しいことを人に分かち合うと、その悲しさは半分になる。

悩みやつらいことを聞いてもらい、知ってもらうだけでも、少し心が軽くなるものです。