児童生徒の皆さんへ新型コロナウイルスに関連したいじめの防止について詳細を見る

「わたしはことば」

2021年4月20日

金子ボボ
(お笑い芸人、個人サポーター)

人の心にあるものが言葉になります。
その言葉によって身体が反応します。

言葉には力があります。
つまらない言葉もためになる言葉も、すべての言葉には責任があり、人は必ずその責任を問われます。
自分の言葉で助かることもあれば、自分の言葉で穴に落ちてしまうこともあります。

人を前向きにさせるのは感謝する気持ち。
感謝の気持ちが込もった言葉には力があります。
人間関係を保つ一番いい方法は、相手にしっかり感謝を伝えること。
相手に感謝を伝えることで、相手は自分の思った以上に力を貸してくれます。
逆に、自分がひとりよがりで、軽率な言葉を発すると、後で何百倍にもなってしっぺ返しされます。
だから自分の言葉には気を付けて、なるべく過ちがないようにしたいものです。

正直になれば、問題は解決します。
嘘をつくと、問題の解決は遠のいてしまいます。
いつも正直に、正しい言葉を使える人になりたいです。

言葉が自分の生活の中で正しく現れた時、はじめてその言葉が完成します。
そのためには、自分の中でよい言葉を持つことが必要です。
よい言葉を持つためには、心を謙虚に保つことが大切だと思っています。

心を謙虚にすれば、どんなことも大切にできます。
心がおごり高ぶっていると、すべてを当たり前だと勘違いしてしまいますよね。
当たり前だと思うから、本来もっているはずの価値に気付くことができなくなってしまいます。
当たり前ではないと思うからこそ、そこにかけがえのない価値が生まれます。

言葉と行動が伴いますように。
心を謙虚にすれば、たくさんのチャンスとヒントをもらえます。
心を謙虚にすれば、相手からたくさんの事を学ぶことができます。
心を謙虚にすれば、言葉が変わり、行動も変わります。
決心は自分を動かし、相手も動かします。
自分を心から愛し、見守ってくれる人は必ずいます。

いただいたことへの感謝を大切に。
今までお世話になった人
これからお世話になる人
すべての人に感謝の気持ちを、きちんと言葉にして伝えていきます。

 出来ないことをやろうとせず
 できることをしっかりやる
 出来ないことは恥ずかしくない
 出来ないことをやらないことが恥ずかしい
 出来ることをしっかりやっていれば、徐々にやれることが増える
 最初に決めた目標だけがゴールじゃない
 ゴールなんてたくさんある
 いつか絶対どっかのゴールにたどり着く

一つのゴールに固執せず、心にゆとりと遊びを持ちながら、今できることをしっかりやって、どんな状況でも目の前のことを楽しんでいこうと思います。

金子ボボさんからのメッセージカードはこちら