児童生徒の皆さんへ新型コロナウイルスに関連したいじめの防止について詳細を見る

幽体離脱の術!

2020年5月20日

TSUNEI
(シンガーソングライター、個人サポーター)

私は学生時代、いじめられていた時期がありました。
学校という小さな世界しか知らない当時の私にとって、仲間はずれにされ、悪口を言われ、笑われ続ける毎日はすごく辛い日々でした。どうしたら良いのかもわからず、その場から逃げることや誰かに相談することは状況をもっと悪化させるんじゃないかと思っていました。

そんなわたしが心を楽にするために編み出した方法、それは【幽体離脱の術】!
自分の体から心を逃して少し高いところからいじめっ子を見下ろすようにしていたのです。
「この子たちはまだ子供だからこんな幼稚なことをするんだ。ダサいな。」
「いつかすごい人になって絶対後悔させてやる。」
こう思うことが当時の私の精一杯の方法でした。これで辛い日々が終わるわけではないけれど、考え方を背伸びして目線を先に向けることで心は少し楽になっていた様な気がします。

私の場合、あの時【幽体離脱の術】を使いながら逃げずに乗り越えた経験が今の糧になっているので、後悔はありません。だけど、これが最善の方法だとも限りません。
いつもバネに例えて考えます。深く沈んだらその分跳ね上がる力も大きいように、苦しい経験ほど糧になる。だけど沈んでぺちゃんこのまま時間が経ちすぎると、バネは伸びなくなってしまう。二度と立ち上がれなくなってしまいます。
私は大人になって、いろんな生き方や生きる場所、そして無限に広がる可能性に気づき、大きな世界を知りました。逃げる方法はいくらでもあって、それは新しい可能性に会いに行くことにさえなるんだと。
時に我慢してグッと堪えることも必要だけれど、一度しかない大事な人生は、辛い状況に費やすより、楽しいことや有意義なことに捧げるべき。それでもまた辛い時期は訪れるけれど、本気でやりたいことに向かっている中でぶち当たる壁を乗り越えられる力は、誰しもが持っていると思います。

あなたがいきいきと前を向いている姿を応援したい人が必ずいる。そのことを忘れないで、これから先の人生でもっともっといろんな景色に出会えることを楽しみに生きてほしいです!

TSUNEIさんからのメッセージカードはこちら