児童生徒の皆さんへ新型コロナウイルスに関連したいじめの防止について詳細を見る

いじめ豆知識 No.1

2020年4月24日

「いじめ」って何?

法律では、次のように定義されています。

「いじめ」の捉えは今と昔ではどう違うの?

以前の定義には、「自分より弱い者に対して」や、「一方的に」、「継続的に」、「深刻な」などが含まれていましたが、現在の定義では削除されています。
代わりに、現在の定義で重視しているのは、「本人の被害感」です。「ひやかし」や「いじり」のつもりであっても、相手が嫌な気持ちになれば、それは「いじめ」なのです。
周りの人が「自分がされても何とも思わないから、大丈夫だろう」と判断しないことが大切です。(例参照)

これからも、いじめに関する様々な情報をお伝えしてまいります。
多くの方から「県民サポーター」に登録していただき、いじめを見逃さない気運を高めていきたいと考えています。
皆さんの周りの方々にも、「県民サポーター」への登録を呼び掛けていただければ幸いです。

「深めよう 絆 にいがた県民会議」事務局

例)Aさんが算数の問題を一生懸命に考えていたところ、隣の席の算数が得意なBさんは、解き方と答えを教えてあげました。Aさんは、あと一息で正解にたどり着くところだったので、答えを聴いた途端に泣き出してしまいました。このことでBさんは困惑してしまいました。
このようなケースであっても、Aさんは泣き出しており苦痛を感じているので、「いじめ」として捉えます。「善意で教えてあげたのに・・・」と思うかもしれませんが、これをいじめと捉えるのは、重大ないじめが起こるのを防ぐために、一見些細なことでも見逃さないようにするためです。その結果、いじめの認知件数が増加するのは、いじめ対策が丁寧に行われている証なのです。もちろん、このケースでは、保護者や周りの大人はBさんに厳しく反省を迫る必要はありません。Bさんの親切をほめてあげながら、Aさんの心情を説明して、諭してあげることが必要と考えます。