児童生徒の皆さんへ新型コロナウイルスに関連したいじめの防止について詳細を見る

今年度の活動

いじめ見逃しゼロ県民運動

令和2年度の活動を順次掲載しています。

「いじめ見逃しゼロ 県民の集い」講演会動画を配信しました。

9月22日(火・祝)に行われた、令和2年度「いじめ見逃しゼロ 県民の集い」講演会の動画を、9月22日~10月21日の1か月間、YouTube「いじめ見逃しゼロチャンネル」にて配信しました。
今年度の「県民の集い」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、例年のような集会形式ではなく、講演会の動画を配信する形となりました。
講師は、いじめ防止活動等に取り組む一般社団法人HLA(ヒューマンラブエイド)の共同代表をつとめる仲野繁氏、刀根麻理子氏です。講演では、仲野氏が、東京都足立区立辰沼小学校長時代に実践した子ども主体のいじめ防止活動の紹介を通じて、学校・家庭・地域がいじめの未然防止にどのようにかかわればよいか、熱く語られました。
講演会は、1か月の動画配信で、前年度の参加人数の3倍にあたる約1500人の方々に視聴していただきました。
コロナに関するいじめなど、新たないじめの形が現れつつある今だからこそ、多くの方々がいじめの問題に大きな関心をもってほしいと願っています。

ビッグスワンで「いじめ見逃しゼロ キャラバン」を行いました。

10月4日(日)、さわやかな秋晴れのもと、デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟J2戦(FC町田ゼルビア戦)において、「いじめ見逃しゼロ キャラバン」がPR活動を行いました。
「いじめ見逃しゼロ県民運動」の青いジャケットを着た事務局員が、サッカー観戦に訪れた方々に、いじめなどの相談窓口が書かれた「相談ダイヤルカード」を配布しました。
試合開始の直前には、スタジアムの巨大な電光掲示板に「いじめ見逃しゼロ県民運動」の県民サポーター募集メッセージが紹介され、県民運動のPRに一役買っていました。
スポーツのフェアプレー精神とともに、いじめ見逃しゼロの優しいメッセージが多くの方々に届くことを願っています。

「いじめ見逃しゼロキャラバン」が阿賀野高校を訪問しました。

7月14日(火)、新潟県立阿賀野高等学校において、今年度最初のキャラバン活動を行いました。
キャラバン隊として訪問したのは、県民運動の個人サポーターであり、シンガーソングライターの小澤いずみさんです。
小澤さんご自身の経験をもとにした、心の内を絞り出すような歌詞と圧倒的な歌声は、約1時間にわたって体育館に響き渡りました。
作詞作曲全て自作だからこそ、曲には説得力があり、MCでの、
「本気で何かに挑戦するからこそ、それを否定する人も現れるが、味方になって協力してくれる人も必ず現れる」
という小澤さんのゆるぎない信念に彩られたメッセージが、とても印象的でした。
小澤さんのメッセージが阿賀野高校の皆さんの心に届き、明日に向かっていく力の拠り所になってくれれば嬉しく思います。

小澤いずみさんからのメッセージカードはこちら

令和2年度「いじめ見逃しゼロ県民運動」ポスターを貼ってもらいました。

6月のいじめ見逃しゼロ強調月間にあわせて、各学校や一部のコンビニエンスストア等で「いじめ見逃しゼロ県民運動」のポスターを貼ってもらいました。
令和2年度のポスターのモデルは、県民運動の個人サポーターでプロサッカー選手、アルビレックス新潟の早川史哉さんです。

令和2年度「いじめ見逃しゼロ」ポスターはコチラ


早川選手のメッセージカードはコチラ

県民で手を取り合って「いじめ見逃しゼロ」へ!!

いじめの未然防止や解消のためには、児童生徒、教職員、保護者、地域の人々が力を合わせて、明るい学校づくりに取り組んでいくことが大切です。県民運動を通して、学校、家庭、地域の協力の輪を広げ、県民みんなで子どもたちを見守り、いじめを見逃さないようにしましょう。

県民サポーターの募集

「深めよう 絆 にいがた県民会議」では、学校・家庭・地域がより主体的にかかわることができる県民運動の取組を進めています。
その一環として、「県民サポーター」を募集しているところですが、このたび、従来のLINEによる登録に加えて、メールによる登録が可能となりました。
詳細については、「県民サポーター募集」チラシを御覧ください。
多くの皆様から取組の趣旨を御理解くださり、御登録いただければ幸いです。

「県民サポーター募集」チラシはこちら!

  1. 目的
    いじめ問題に関心を持ち、いじめ防止に向けた取組を支援・協力いただける人を増やし、児童生徒が安心して生活できる環境を作る。
  2. 対象者
    すべての県民
  3. 登録料
    無料
  4. 登録方法
    ①LINEでの登録
    LINEアプリ「ホーム」→「友だち追加」から「ID検索」または「QRコード追加」で登録可能です。
    ID:@ijime0(QRコードについては、チラシを御覧ください。)
    ②メールでの登録
    」へ空メールを送信します。登録後すぐに登録完了メールが返信されます。メールが返信されない場合は、迷惑メール拒否等の設定がされている可能性がありますので、お手持ちの携帯電話、PCの設定をご確認ください。

深めよう 絆 にいがた県民会議

第1回「深めよう 絆 にいがた県民会議」総会は、コロナウイルス感染症拡大防止の観点から総会を中止し、書面での報告、審査となりました。

令和2年度の活動概要

※コロナウイルス感染症流行の状況により変更の可能性があります。

  1. いじめ見逃しゼロ 県民の集い
    〇期日 令和2年9月22日(火・祝)
    〇内容 講演会(全体での集会を避け、講演のweb配信などの対応を検討中)
  2. いじめ見逃しゼロキャラバン
    〇学校訪問では、「いじめ見逃しゼロスクール集会」への参加や「出前授業」等、学校のニーズに合わせた様々な方法により、児童生徒や教職員にいじめ防止、いじめへの対応方法、SOSの出し方、ネット依存・ゲーム障害の防止等を訴える。
    〇広報活動の許可を得たイベント(地域コミュニティー主体のイベントを含む)に出向き、県民サポーター募集カードや、県民運動の紹介リーフレット等を配布。
  3. 県民講座
    〇学校、市町村、地域コミュニティー等が実施するいじめ問題等に関する講演や研修会等で、保護者や地域住民の参加があるものに対して、助成・支援を行う。
    〇講演や研修会等の内容は、いじめ問題、命の大切さ、ネットトラブル防止、家庭教育、ネット依存・ゲーム障害の防止等とする。
    〇就学時健診やPTA総会等において保護者にいじめ問題等について講話をする。
  4. 県民サポーターの募集
    〇県民サポーターには定期的に県民運動に関する情報や活動の案内、いじめ問題等に関する情報を発信。
    〇LINEに加え、今年度はメール配信システムも利用。
    〇県民サポーターへは、「県民の集い」や「いじめ見逃しゼロキャラバン(イベント訪問)」などへ参加を呼び掛ける。
  5. 広報・啓発活動
    〇ポスターを学校や教育関係機関、県民運動の構成団体、協賛企業・団体等に配付。6月・10月の強調月間にコンビニエンスストアでポスターを掲出。
  6. 協賛団体・個人サポーター拡大